芸術家

梱包芸術よ永遠に。環境アート芸術家亡くなる。追悼 クリスト (Christo & Jeanne-Claude)

投稿日:2020-06-02 更新日:

高松宮記念世界文化賞受賞者 ニューヨークで2020年5月31日帰らぬ人に。84歳

クリスト アンド ジャンヌ=クロード (Christo & Jeanne-Claude) は、梱包芸術 で知られ、見なれた環境を一変させるアート作品を制作していた芸術家夫婦でした。

1991年に茨木間で1行われた「アンブレラプロジェクト」では畑の中に大きな傘を設置するために夫婦は約4500人に及ぶ地権者を訪ね歩き許可をお願いした。

source https://christojeanneclaude.net/press/christo-1935-2020

政府に提出した書類が電話帳ほどの厚さだという。

6年がかりで完成させた作品はわずか3週間で撤去されてしまった。

source https://christojeanneclaude.net/press/christo-1935-2020

夫のクリストと妻のジャンヌ=クロードは同じ1935年生まれで、妻のクロードは2009年に亡くなっています。

クリストの人生

1935年、ブルガリア生まれ。(本名クリスト・ヤヴァシェフ)

ソフィア美術アカデミーで学ぶ

1958年パリへ

日用品をなどを布で包む梱包芸術を作り始める。

そこで運命の恋人ジャンヌクロードと知り合う。

1964年にニューヨークへ

1985年には名作映画「ポンヌフの恋人」でも有名な、

source https://amzn.to/3eCZlPM

パリのセーヌ川にかかるポンヌフ橋を布で包む「パリのためのプロジェクト」を制作

source https://christojeanneclaude.net/press/christo-1935-2020

1995年「旧ドイツ帝国議会議事堂(Reichstag)梱包プロジェクト」

日本でも1991年、茨木で約1300本の傘を立てる「アンブレラプロジェクト」を行った。

今年2020年春に春パリの凱旋門を包む計画も進んでいたがコロナウィルスの影響で延期されていた。

ぼくはパリのセルジーポントワーズの美術大学を受けたとき、入学試験問題で彼の作品がスクリーンにプロジェクターで投影され、作品についての解説を書く問題が出たので、強烈に記憶しています。

1995年「旧ドイツ帝国議会議事堂(Reichstag)梱包プロジェクト」
source https://christojeanneclaude.net/press/christo-1935-2020

彼らは様々なプロジェクトの資金を自らが制作したドローイングやリトグラフを販売することによって調達しました。

スポンサーを求めないのは、作家の自由を守るためだ。

新たな芸術の可能性への扉を開いてくれた、素晴らしい芸術家への感謝を込めると共に、安らかな眠りをお祈りします。

-芸術家

執筆者:

関連記事

権力やセクシュアリティにスローガン Barbara Kruger 【バーバラ・クルーガー】

文化的なイディオムと彼らの脳に埋め込まれた従来の知恵を皮肉る バーバラクルーガー Barbara Kruger 彼女はマスメディアから画像を取得し、その上にテキストの大きなスローガン ・言葉 …

バンクシーまたもや新作 支持される理由とは?作品《Game Changer》

この作品はコロナ患者の受け入れ先となっていた、イギリス南部の都市サウサンプトンSouthamptonの総合病院に飾られた。 絵画作品《Game Changer》source https://or-no …

【Gary Hume】ゲイリー・ヒューム、イギリス。ヤング・ブリティッシュ・アーティストの美術家。

1962年5月9日 (2020年現在 年齢 58歳) ファッションブランドとのコラボでも知られる、イギリス人の芸術家。 コラボ 2002年、ステラ・マッカートニー 2010年、マル …

「スーホ」の絵本 【赤羽末吉】 美術館 展覧会 大地の画家

「スーホの白い馬」で有名な赤羽末吉の展覧会が始まります。 東京都練馬区にある「ちひろ美術館東京」にて6月26日からです。 会期は2020年の9月22日までです。 赤羽末吉が戦争から帰ってきて初めて執筆 …

新型コロナウイルス COVID-19 に関連したストリートアート グラフィティ 写真まとめ 

世界中のアーティストが、目を引くコロナウイルスのストリートアートでCOVID-19新型コロナウイルスのパンデミックに立ち向かっています。フェイスマスクはストリートアートの一般的なテーマですが、健康を維 …

サイト内記事検索

最近の7日間で良く読まれている記事

公式ホームページ

www.hidekiiinuma.com

  • 最近アップした記事
translate