書評 社会記事

平塚らいてう 女性解放の母  長野県 美術館 らいてうの家 

投稿日:

初公開 日記のネット公開リンク

NHKの連続テレビ小説でもよく登場する女性活動家の直筆日記が公開されるしかもそれがネットで高解像度で読むことができるのでぜひお勧めします。

日記のネット公開リンクはこちら↓

http://raichou.c.ooco.jp/nikki/raichounikki1953-58.pdf

連続テレビ小説としては今世紀最高の視聴率を記録した『あさが来た』(あさがきた)は、2015年度下半期放送のNHK「連続テレビ小説」にも登場した

Hi 平塚らいてう(ひらつか らいちょう)

本名

奥村 明(奥村 はる)

1886年2月10日生まれ

日本の旗 日本 東京府麹町区三番町

死没 1971年5月24日(85歳没)

東京都渋谷区千駄ヶ谷

墓地 春秋苑墓地(川崎市)

職業 思想家、評論家、作家

代表作 『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝』(1971)

注目すべき戦後の活動

ノーベル平和賞の野口英世と一緒に部屋を訴える活動を続けた。

1962年(昭和37年)野上弥生子、いわさきちひろ、岸輝子らとともに「新日本婦人の会」を結成した。

「女たちはみな一人ひとり天才である」と宣言する孤高の行動家として、らいてうは終生婦人運動および反戦・平和運動に献身した。

NHKの連続テレビ小説でもよく登場した。

あさがきたの主人公(雑誌くらしの手帖の話)が女学生時代に影響を受けた雑誌『青鞜』を創刊した作家。

1950年(昭和25年)、あなたの暮しの原稿依頼を受ける。その際に、女性を奮起させる文章を望み編集者としてやって来た主人公に対して、胡麻汁粉の作り方とそれにまつわる随筆の執筆を希望し、考えが変わることの肯定を説く。

記事参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/平塚らいてう

-書評, 社会記事

執筆者:

関連記事

売れ過ぎ「与田祐希」「藤田ニコル」「今田美桜」「田中みな実」の【写真集】が女性にモテるわけとは?

今日は今売れている写真集のブームについてお話ししますネ。 先日このようなツイートをしました。 与田祐希、藤田ニコル、今田美桜、田中みな実 の写真集が売れるわけは? 結論から先に言います。 身近なアイド …

アートと小説の危険な関係「短編画廊」から生まれた17の物語 エドワードホッパー

今回このブログではローレンスブロックが編集して田口俊樹さんなどが訳されたエドワードホッパーの17の絵を下にして書かれた短編小説、ミステリーの本を紹介しようと思います この本は2019年6月に発行された …

ニューノーマル時代新時代のウィズコロナ時代のアートイベントとは?YouTubeライブ【アートオークション】のススメ。

オークション下見会でのジェフクーンズの作品。 「ねー祐美。アートオークションに参加したことある?」 放課後の帰り道、萌子は自転車に乗りながら祐美に声をかけた。 「えーそんなオークションなんてないよ。美 …

時間節約術「本」の要約・書評サイト16選【おすすめレビュー】まとめ、比較

皆さんこんにちは 感動するような素晴らしい本。ビジネスのアイデアを得られるような最新のビジネス本。忙しいあなたのライフハック、時間節約のために、わたくし飯沼英樹がお勧めするのが本の要約サイトです。 2 …

故小笠原敏晶氏(株式会社ニフコ)の志。文化・芸術の担い手へ、コロナ緊急50万円の助成金 募集期間:6月17日~7月6日

2020年6月17日 公益財団法人小笠原敏晶記念財団(東京都港区、理事長小笠原清晃)は、コロナウイルスが、美術分野にどのような影響を及ぼしているか独自のアンケートを実施。 研究、発表等の機会を失い、7 …

サイト内記事検索

最近の7日間で良く読まれている記事

公式ホームページ

www.hidekiiinuma.com

  • 最近アップした記事
translate