社会記事 美術館・イベント

コロナによって海外の美術館が良い美術品を貸してくれなくなった今、日本の美術館はどのようにしたら良い美術展を作れるか?

投稿日:2020-06-27 更新日:

今日6月27日の産経新聞の記事で兵庫県立美術館館長の蓑豊(みのゆたか)さんの記事が出ていたので抜粋して紹介します。

コロナによって海外の美術館が良い美術品を貸してくれなくなった今、日本の美術館はどのようにしたら良い美術展を作れるか?

その方向性が記されていました。

美術界でも有名な蓑豊(みのゆたか)さんは昭和16年金沢市生まれ。慶応大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。その後カナダやアメリカの美術館で経験を積む。帰国後、大阪市立美術館や金沢21世紀美術館などで数々の美術展を企画した知の巨人です。

特に興味深かったのはこれからの美術館のあり方です。

3つのポイントに絞って紹介します。

1、美術館学芸員の仕事の方向性

2、ブロックバスター展

3、自館のコレクションの重要性

1、美術館学芸員の仕事の方向性

美術館の学芸員はこれから良い美術展を企画するために、目を養い、良いものをどのように集められるかが問われます。そのためにも海外と交渉のできる語学を持ち、コネクションを作ることで、良い作品を貸してもらえるように交渉する。

2、ブロックバスター展

コロナウイルスで入館の人数制限をされたりするようでは、1枚300億円もするような絵を借りて、今まで開催されてきたロックバスター展(大量動員が見込める名品を集めた大型の企画展)も、輸送における保険が高額になり、美術館の経営が成り立ちません。

3、自館のコレクションの重要性

これからは自館のコレクション(収蔵品)が大切になってくる。 国内の作品を集め、様々な切り口で眠っている美術品を見つけ出し「企画力」を鍛える。なぜならば、まだまだ日本の美術館には日の目を見ないお宝が眠っているからです。

まとめ

今回の兵庫県立美術館館長の記事から学ぶ事とは?

今まで美術館は世界の名品を集めることで集客数を稼ぎ、経営を成り立たせてきました。これからは現代美術の美術展を自らの美術館が企画し、その作家の作品をコレクションすることで、将来的に良い展覧会を開催する下地作りができるのです。

アイキャッチ画像出典 unsplash

-社会記事, 美術館・イベント

執筆者:

関連記事

この機械があれば、どんな状況でも完璧な音を出すことができる。

小説の内容は、音響機器オタクの青年がデジタル音声技術の可能性に興奮し、わずかなマイクとスピーカーで自分の音楽をどこへでも持っていくために音響技術を完成させようと努力する。しかし、「結果」にこだわるあま …

5/9まで!神奈川県、横浜市、横浜駅に直結した「横浜そごう美術館」にて行われていた「篠田桃子展」を見に行った。展覧会レビュー感想 とどめ得ぬもの 墨の色 心のかたち

2021年5月8日神奈川県、横浜市、横浜駅に直結した「横浜そごう美術館」にて行われていた「篠田桃子展」を見に行った。展覧会レビュー感想 皆さんこんにちは飯沼英樹です。 今回神奈川県の横浜そごうで行われ …

コロナで観光客が激減したホテル業界を救う唯一の方法。【現代アートワーケーション】

台湾のホテル業界のアート思考 13個房間 ‬看不見的城市 台湾のホテル業界、アーティストのアイデア力を借りて客室をアート空間へのリノベーションが流行の兆し。コロナ後の生き残りのニュースが飛び込んできた …

教育の自由化は目の前に来ている。学校教育にユーチューブを取り入れるメリットとは?

売れないアーティストから来場者1万2000人の公立美術館での個展を成功させて、ぬくぬく芸術家bloggerしてる私、ヒデキがお送りします この記事では、社会はどうしたら良くなるかなぁっていうの話を書い …

ストリートアートの先進国 オーストリアでは、高齢者がスプレー缶アートを学び、グラフィティを楽しんでいる。

ヨーロッパで高齢者がスプレー缶に手を伸ばすワケ。 こんにちは、この記事では海外のストリートアートの最新情報をお伝えしています。 Silverpieceシルバーピースというストリートアートプロジェクトで …

translate