社会記事 美術館・イベント

コロナによって海外の美術館が良い美術品を貸してくれなくなった今、日本の美術館はどのようにしたら良い美術展を作れるか?

投稿日:2020-06-27 更新日:

今日6月27日の産経新聞の記事で兵庫県立美術館館長の蓑豊(みのゆたか)さんの記事が出ていたので抜粋して紹介します。

コロナによって海外の美術館が良い美術品を貸してくれなくなった今、日本の美術館はどのようにしたら良い美術展を作れるか?

その方向性が記されていました。

美術界でも有名な蓑豊(みのゆたか)さんは昭和16年金沢市生まれ。慶応大学卒業後、ハーバード大学大学院で博士号を取得。その後カナダやアメリカの美術館で経験を積む。帰国後、大阪市立美術館や金沢21世紀美術館などで数々の美術展を企画した知の巨人です。

特に興味深かったのはこれからの美術館のあり方です。

3つのポイントに絞って紹介します。

1、美術館学芸員の仕事の方向性

2、ブロックバスター展

3、自館のコレクションの重要性

1、美術館学芸員の仕事の方向性

美術館の学芸員はこれから良い美術展を企画するために、目を養い、良いものをどのように集められるかが問われます。そのためにも海外と交渉のできる語学を持ち、コネクションを作ることで、良い作品を貸してもらえるように交渉する。

2、ブロックバスター展

コロナウイルスで入館の人数制限をされたりするようでは、1枚300億円もするような絵を借りて、今まで開催されてきたロックバスター展(大量動員が見込める名品を集めた大型の企画展)も、輸送における保険が高額になり、美術館の経営が成り立ちません。

3、自館のコレクションの重要性

これからは自館のコレクション(収蔵品)が大切になってくる。 国内の作品を集め、様々な切り口で眠っている美術品を見つけ出し「企画力」を鍛える。なぜならば、まだまだ日本の美術館には日の目を見ないお宝が眠っているからです。

まとめ

今回の兵庫県立美術館館長の記事から学ぶ事とは?

今まで美術館は世界の名品を集めることで集客数を稼ぎ、経営を成り立たせてきました。これからは現代美術の美術展を自らの美術館が企画し、その作家の作品をコレクションすることで、将来的に良い展覧会を開催する下地作りができるのです。

アイキャッチ画像出典 unsplash

-社会記事, 美術館・イベント

執筆者:hideki

関連記事

コロナで最大290万円+家賃補助+固定資産税+学校等休業支援金を国から支給してもらう方法。

自宅待機で収入が減った人は、書類を書くだけで、お金が支給されます。 コロナで最大290万円+家賃補助+固定資産税+都市計画税をもらえるキャンペーン。 こうやって書くと、楽天やソフトバンクがやっている顧 …

今ビジネスマン、サラリーマンの間で『アート思考』が大流行しているワケとは?

ギリシャ時代の哲学者から芸術音楽の重要性は何千年と語られてきておりますが、現代の私たちの生活でも音楽や美術によって新たな発見や癒しを与えてもらっているのではないでしょうか。最近ビジネス書のベストセラー …

渋谷駅埼京線ホームを北へ移動乗り換え楽々に(shibuya station)

2020年6月1日月曜日JR渋谷駅は埼京線のホームを北約350メートル移動し山手線ホームと並んだ。 埼京線の渋谷駅は今から約25年前の1998年に運用を始めて以来、乗り換えに約10分もかかるため利用客 …

オリンピックにアート競技。知ってた?『芸術競技』展が原宿の【FL田SH】にて、秋山佑太、中島晴矢、トモトシ。

原宿から見た代々木競技場 先日馬喰町で行われたアートフェア【イーストイースト東京】でも抜群のセンスとキレキレのアーティストたちを紹介していたフラッシュ。 皆さんはこの読み方が気になるから思いますが、真 …

【ストリートアート】による【町おこし】を考える。南米アルゼンチンの壁画。重慶市の七彩巷。

今回の記事ではストリートアートのビジュアル的なインスタ映えを強調して町おこし(地域おこし)を行うアイデアを具体的な2つの例を参考に提案したいと思います。 目次 米アルゼンチンの都市ロサリオ 中国の重慶 …

サイト内記事検索

最近の7日間で良く読まれている記事

 

執筆者 飯沼英樹 プロフィール

現代美術,ユーチューブ,グラフィティを愛しています。 本業芸術家。20歳で日展入賞フランス政府奨学金ヨーロッパ🇪🇺5年滞在8校の美大で学び国家資格取得帰国🇯🇵経験をブログに書く→2chで叩かれ挫折😣渋谷のストリート写真の木彫を作る松本市美術館で来館者12千人の個展開催→YouTubeの美術大学【アート大学】開設。🌊アート情報を発信🌸。普段はアトリエにひきこもりつつ制作しています。

Youtube  ヒデキ 【アートチャンネル】

Facebook フェイスブック

Twitter ツイッター

E-mail : hidekiiinuma@gmail.com

彫刻作品はインスタグラムに載せてあります。↓

公式ホームページ

www.hidekiiinuma.com

最新のアップした記事

translate