アート投資 ブログ記事一覧 芸術家

KAWSとは何者か?3つの理由から分析 カウズになる方法

投稿日:2020-03-13 更新日:

こんにちは

両目がXXになったキャラクターで世界的に知られるアーティストKAWS(カウズ)今回は一歩でも彼に近づく方法を分析します。

出典https://i-d.vice.com/jp/article/qvjma5/iconic-pop-artist-kaws-talks-frieze-with-terry-jones

カウズを有名にした3つの理由

・シンプルで覚えやすい名前。コピーライティングの天才

・ファッション産業への越境 

・ストリート・グラフィティの反骨精神



早速、説明します。


シンプルで覚えやすい名前。コピーライティングの天才

KAWSという名前は文字の見た目とその単語には意味がないことに基づいて本名のドネリーを改めて名付けられました

シンプルで覚えやすい名前は記憶に残ると同時に、自分で自分のことを客観的にみる意味があります。親にもらった名前から【俺は俺だ】と自分を立ててネーミングする。コピーライティングはとても重要です

この内容をYouTubeでも動画で撮っています

ファッション産業への越境 

コンパニオン companion というキャラクターを生み出します。このマスコットのようなキャラクターの大きなバルーンや彫刻で注目を集めながら、買えるものとしてのグッズを制作します。

ポートレート

出典https://juicestore.com/blogs/editorial/kaws-companion-toy-release-feature

本名 ブライアン・ドネリー(Brian Donnelly)1974年 (2020年現在年齢 46歳)

最新ニュースは

スマホ1つで世界中のファンにリーチする試みとして、ARアプリでカウズの作品を購入、鑑賞できる無料アプリ「EXPANDED HOLIDAY」を開始しました

2020年 3月12日から26日まで

これは

渋谷スクランブル交差点をはじめとした世界12カ所で、目が×印のカウズの代表的なキャラクター「コンパニオン(COMPANION)」の巨大AR彫刻をアプリを通して鑑賞することができるものです。

カウズはこのように話します。

__

彫刻を作るとき、その重さや建物に設置する方法など、ロジスティックな問題を考えないといけない」

__

昨今のアートシーンではARやVRが新たな展示の場として注目を集めています。

仮想空間であれば、たとえ巨大作品でも設営や運搬費を抑えることができますからね。

日本での過去の作品発表

昨年 2019年7月19 ー24日には

富士山 でのイベント

HOLIDAY JAPAN

出典https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000046983.html

が行われました。場所:ふもとっぱらキャンプ場:静岡県富士宮市麓156

今回のアートワークはビニール製の巨大コンパニオンが仰向けに寝転んだもので、サイズは40mを超えました。

日本でのファッションとのつながり

ユニクロやディオールとのコラボは有名ですが、

出典https://www.wsj.com/articles/endearing-and-ominous-in-brooklyn-1432682617

セレクトストア『UNION(ユニオン)』の日本上陸を記念し、Tシャツ&スウェットからなる限定カプセルを制作しました

国産家具メーカー「カリモク」社とタッグを組んだピノキオの木製彫刻をInstagramで公開した。こともあります。

KAWSONE.COMという2002年にはじめた自らのウェブサイトを通じて消費者に販売し、1体87万円の限定スカルプチャーはすぐに売り切れてしまいました。

カウズの作品を買いたいのなら、彼のインスタをチェックする必要がありそうです。


ストリート・グラフィティの反骨精神

最後に、昼間はディズニーピクチャーズでセル画描きのバイトしがなら、夜はストリートで違法な落書きをしていた。ビルボード広告にグラフィティを施したのは19歳のころから。

グラフィティはキャンパスも買えない者にとって、自分の技術とアイディアを大きな絵でみんなに見てもらいたいという熱意の現れです。これはスティーブ・ジョブズの言葉 【愚か者であれハングリーであれ】と通じるものがあります。

この底辺に流れる反骨精神/ハングリー精神が彼の創作をささえています。

出典 https://www.wsj.com/articles/endearing-and-ominous-in-brooklyn-1432682617





まとめ

何も言わすにこのYouTubeをみてください。

現代のフィルムメーカーたちは素晴らしい動画を作ります。私のYouTubeの小窓でも流しています。

みなさんいかがでしたか?まずは名前を作ること。そしてファッション業界に越境してハングリー精神を失わないこと。これがカウズになる方法です。

それではまたお会いしましょう

最後まで読んでいただき ありがとうございました。あなたはとっても優しいですね。

関連記事


-アート投資, ブログ記事一覧, 芸術家

執筆者:hideki


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ストリートアート】による【町おこし】を考える。南米アルゼンチンの壁画。重慶市の七彩巷。

今回の記事ではストリートアートのビジュアル的なインスタ映えを強調して町おこし(地域おこし)を行うアイデアを具体的な2つの例を参考に提案したいと思います。 目次 米アルゼンチンの都市ロサリオ 中国の重慶 …

【ローラ・オーエンス】 Laura Owens ロスの女性画家 魅力とは? 現代絵画

ローラ・オーウェンス(ローラ・オーエンス) Laura Owens 1970年生まれ、オハイオ州ユークリッド ロサンゼルス在住 最も高く評価されている女性画家の一人です。 彼女は海外のアートシーンにお …

人生を好機に進ませるサイン

鯖田豊之 この#歴史学者 の本に出会ったのは偶然といっていい。 大田図書館のリサイクル本配布で装丁の美しい#中西悟堂 の#野鳥記 をいただいて、読んでみると、 とても面白いエッセイがあった。 ヨーロッ …

2020年6月12日[金]より再開・企画展「ピーター・ドイグ展」〜10月11日[日]まで*会期延長

コロナウィルスの影響で休館していた国東京国立近代美術館のPeterDoig 展が6月12日金曜日より再開することが決定した。 会期は延長され10月11日日曜日までとなった。  諸注意: *入 …

日本の女子高生と韓国人【 会田誠】

会田誠 Makoto Aida 新潟県出身の彼は東京芸大を卒業後、圧倒的な絵画力を使いながら、扱うテーマが日本のオタクや偏愛をテーマにしたアニメの女性を扱いました。オタク文化や日本の裏側に潜むアンダー …

サイト内記事検索

最近の7日間で良く読まれている記事

公式ホームページ

www.hidekiiinuma.com

  • 最近アップした記事
translate