芸術家

悲劇的な風景/労働者【ネオ・ラオホ】 Neo Rauch ネオ・ラウハ

投稿日:

ネオ・ラオホ

ネオ・ラオホ Neo Rauch (ネオ・ラウハ)は1960年生まれ、新ライプツィヒ派を率いる現代のドイツの画家です。2020年現在60歳

悲劇的な風景や兵士・労働者

その心象風景は彼の芸術作品のいたるところに反映され、悲観的な風景や兵士、労働者、神秘的な要素が混ざり合っています。ひと目でラオホの作品だとわかります。

画集はこちらから

旧東ドイツのライプツィヒの絵画の影響があるので、社会主義っぽく見えるのかもしれません。

出典https://ameblo.jp/0-leporello/entry-11428587365.html

(Schopfer 創造者)2006年 国立国際美術館での「エッセンシャル・ペインティング」展で展示されました。

実物を目にするチャンスがありませんが、日本の美術館は絶対展覧会をやるべきです。

出典https://christophorus.porsche.com/ja/2018/388/porsche-enthusiast-neo-rauch-artist-911-design-christophorus-388-16000.html

ラオホ自身がカッコ良すぎます。ブルーのポルシェ 911 を愛していて、降り立つ姿からは、YouTube動画でも伝わってきますが、エレガントなオーラが放たれてます。

「美は私たちを立ち止まらせ、言葉では表せない感動を与えてくれます。風景や人間は無論のこと、日常品にも美はひそんでいます」

「説明は必要ありません。作者による解説は作品を理想化してしまう恐れがありますからね」

ラウホの画集

2012 年にネオ・ラオホはアッシャースレーベンに基金を設立。ここにはラオホの作品が収められ、年間を通じて展示が行われています。60 歳の誕生日を迎えた妻ローザ・ロイへのプレゼントで展覧会をプレゼントしたそうです。洒落ていますよね。

黒いポロシャツにジーンズ、ラオホは笑みを浮かべながら言う。「もちろん私は自惚れ屋ですが、人間は皆そうであると願っています。そうでなければおかしいですから」

-芸術家

執筆者:

関連記事

女性性とアイデンティティCindy Sherman 【シンディシャーマン】

集団的無意識によって固定されない偽造 シンディシャーマン Cindy Sherman シャーマンは毎回異なるアイデンティティを採用した写真で、さまざまなキャラクターやある民族が同様の経験を反復するうち …

美大 芸大の 受験を考えている人。そして、今現在通っている人。そして卒業したばかりでこれからどうやって作家活動を続けていくか迷っている人達に届けばいいと思い書きます。

みなさんは、なぜアートを学ぶのかという意味を、きっと知りたがっているだろうと思います。 みなさんは小学校のころからいろんなことを学校で習い、知っているでしょう。 そして、これからも新しいことを知ってい …

具体美術協会の画家、形態の魔術師【金山明】

金山明 かなやま あきら source https://www.museum.toyota.aichi.jp/collection/kanayama-akira 関西を中心にして活動して続けてきた金山 …

アートの作品の価格が高くなる3つの理由

こんにちは アートプレゼンターのHIHです こんなツイートをしました。アートの作品の価格が高くなる3つの理由 個展を定期的に続けて行うこと オークションに出品され競り合いになる アーティスト没後30年 …

リチャード・プリンス【作品】人生解説 オススメ動画あり。Richard Prince

他人の写真を自らの絵画作品に利用したことによる著作権問題で度々騒がれているアーティストです。 それでも、現代アートの写真オークションでは常に1億円を超える価格で上位にランキングしている作家です。 リチ …

サイト内記事検索

最近の7日間で良く読まれている記事

公式ホームページ

www.hidekiiinuma.com

  • 最近アップした記事
translate