美術館・イベント 芸術家

【ストリートアート】による【町おこし】を考える。南米アルゼンチンの壁画。重慶市の七彩巷。

投稿日:

今回の記事ではストリートアートのビジュアル的なインスタ映えを強調して町おこし(地域おこし)を行うアイデアを具体的な2つの例を参考に提案したいと思います。

目次

米アルゼンチンの都市ロサリオ

中国の重慶市の七彩巷に描かれたストリートアート

まとめ ストリートアートと町おこしのwin win

それでは早速ブログ記事で紹介していきます。

米アルゼンチンの都市ロサリオ

南米アルゼンチンの都市ロサリオでは多くの芸術家を輩出した街として有名です。ロサリオは、アルゼンチン、サンタフェ州最大の都市で、アルゼンチン全体でもブエノスアイレス、コルドバに次いで3番目に人口の多い都市。ブエノスアイレスの350km北西のパラナ川右岸に位置しています。

人口は約91万人。

この街は地域行政が特に文化面に力を入れているんです

街を丸ごと美術館のように変えようと言う大きなアートプロジェクトが始まったのは2005年のことです。

町中にあふれる味気のないビルの外壁を利用して、その街を代表する芸術家の作品を巨大な壁画として再現することにしたんです。

街の人々が日常的に芸術に触れる機会を増やし、絵画が公共の人々の記憶として残るようにしようと言う意思のもとに始まりました。

Julio Vanzoの壁画 画像スクリーンショット引用元 source https://www.youtube.com/watch?v=FV0B3WJnB2Y

美術館にある絵画は扉を閉められてしまったらもう見ることができないですよね。

箱の中に閉じ込められた芸術はやがて忘れられてしまうでしょう。

町の中の建物の壁に蘇らせることで、これらの芸術作品が誰でもがいつでも見られるようになって、人々のもの、つまり公共のものになるんです。

この町全体を美術館にするプロジェクトは、すでにキャリアを築いて他界した芸術家のためのものであり、若いアーティストのためのコンペティションの場ではないのが特徴です。

プロジェクトの開始当時は、女性の肖像画が選ばれましたが、公共空間では色鮮やかな抽象画の方が周辺空間に負けずに栄えることなどを学んだといいます。描かれる建物にアイデンティティーを与えることになるため、作品のテーマと建物のマッチングにも慎重に行われたそうです。

画像スクリーンショット引用元 source Emilia Bertolé の壁画 アルゼンチン rosario市

1つの壁画を完成させるには市役所が壁の使用のための5年間の契約を結んだり、塗料や作業費用のためのスポンサーとなる民間企業、そして壁を提供してくれるビルの管理会社やオーナーの協力があって成り立ちます。

ビルに描かれる芸術家のどの作品がいいかということについても、積極的に議論が交わされたそうです。塗料を無償提供している塗料メーカーは、文化的、芸術的、社会的プロジェクトに貢献できる意義は大きいと述べています。

はじめのうちは壁があるのは目障りだろうと言う意見もありましたが、実際に作業が始まって、その工程を見つめる人々が増えていく中で、人々はこのプロジェクトを愛し、支持してくれているといいます。

5年間の壁の貸し出し契約期間が終わるとほとんどの場合が関係者全員の合意で契約更新となりますが、予算上の都合からビルオーナーが広告ように壁を貸し出すこともあったそうです。

現在市内には21カ所に描かれているといいます。市役所では観光客ように散策ルート案内をするなど地域の活性化に役立っているそうです。

中国の重慶市の七彩巷に描かれたストリートアート

七彩巷 画像スクリーンショット引用元 source https://www.youtube.com/watch?v=MJP6VzDEzgg&feature=emb_logo

中国重慶市(Chongqing)沙坪壩区(Shapingba)の馬房湾 七彩巷

最近インスタ映えの写真が撮れる場所として、ネットで話題の七彩巷と呼ばれる路地があるそうです。

急速な都市開発の過程で取り残された古い村落「城中村」は、ストリートアートが描かれた街に観光客が押し寄せている。

路地に入ると、建物の壁は色とりどりで美しく、さまざまなかわいいペットが描かれており、まるで童話の世界に身を置いているようだ。

写真引用source http://www.mafengwo.cn/photo/poi/100522968_510231587.html

建物の壁に鮮やかな彩りのストリートアートは多くの市民に親しまれ、子猫や子犬の生き生きとした表情を撮影するなどして人気を呼んでいる。

まとめ ストリートアートと町おこしのwin win

写真引用source http://www.mafengwo.cn/photo/poi/100522968_510231587.html

建物をスプレーやペンキでカラフルに塗る事は、地域住民の理解が必要だろう。

しかし、

ストリートアートの力によって人気スポットを作り上げ、地域の活性化と観光客を呼び込む事が、これから流行り始めるのは間違いないだろう。

-美術館・イベント, 芸術家

執筆者:

関連記事

彫刻家の清水多嘉示の石膏原型八ケ岳美術館で企画展~9月13日

清水多嘉示の石膏原型八ケ岳美術館で企画展代表作「みどりのリズム」の石膏原型も初めて展示された八ケ岳美術館の開館40周年記念展原村の八ケ岳美術館で企画展「開館40周年記念新収蔵清水多嘉示石膏原型の全貌」 …

ある画家の数奇な運命で話題のゲルハルト・リヒター「ビルケナウ」評伝ゲルハルト・リヒターを読む。

ある画家の数奇な運命で話題となるであろうゲルハルト・リヒターの絵画について、このブログで書いています。 今回公開される映画で数奇な運命と言うタイトルのように映画の原作となったのは2002年に出版された …

日本のグラフィティーウォール を巡る。大阪

この記事では大阪のスプレーアートを紹介する。 ストリートアートといえば建物の壁やフェンスにペンキやスプレーで描かれる“落書き”のことを意味し、迷惑行為とされてきた。 しかし、使われていなかった壁がアー …

具体美術協会の画家、形態の魔術師【金山明】

金山明 かなやま あきら source https://www.museum.toyota.aichi.jp/collection/kanayama-akira 関西を中心にして活動して続けてきた金山 …

山手線を芸術で結ぶ。アートと音楽の祭典「HAND!in Yamanote Line‐山手線でアートと音楽を楽しむ15日間‐」開催中

「Have A Nice Day! in Yamanote Line -山手線でアートと音楽を楽しむ15日間-」は、山手線の30駅やその周辺施設・オンラインなどを舞台に繰り広げられるアートと音楽の祭典 …

サイト内記事検索

最近の7日間で良く読まれている記事

公式ホームページ

www.hidekiiinuma.com

  • 最近アップした記事
translate