社会記事

7つの伝説にまとめてみました。【オードリー・タン】台湾の「IT大臣」世界一の天才。唐鳳(とう・ほう) さんの教育と未来!

投稿日:

目次

1.Humor over Rumor(ユーモアは噂を超える)

2.オードリー・タン(唐鳳、とう・ほう) さん、はどんな経歴?

3.議論を進める「ソクラテス式問答法」

4.臨床医学ではなく、予防医学。合計16万項目ある『再編国語辞典』

5.眠っている間も脳に作業を

6.起業家が大事にすべきことー「ピボット戦略」を練ることー

7.ネガティブ・フリーダムからポジティブ・フリーダムへ

まとめ

1.Humor over Rumor(ユーモアは噂を超える)

ユーモアによってフェイクニュースを晴らすためのアイデア。

トイレットペーパーの買い占めが起きそうになったとき、行政院長が「誰でもお尻は一つしかない(だから安心してください)」というキャッチフレーズで騒動を収めたのですが、それもこの「Humor over Rumor」というアイデアに基づくものでした。

「Humor over Rumor」の手法で、「トイレットペーパー不足は起こらない」ということを人々の頭に刻み込んだ。ただし、海外の人たちに台湾のコロナ対策について説明する場合、いきなり「トイレットペーパー不足という噂が流れ始めて」などと言っても、彼らはなんのことだか理解できないでしょう。そこで「Humor over Rumor」のように韻を踏んだという。

2.オードリー・タン(唐鳳、とう・ほう) さん、はどんな経歴?

唐鳳(とう・ほう、オードリー・タン) 

1981年台湾台北市生まれ。幼い頃からコンピュータに興味を示し、12歳からプログラミング言語を勉強。プログラマーとして有名になる。14歳で中学を中退。15歳で起業。プログラマーとしてスタートアップ企業数社を設立。19歳のとき、シリコンバレーでソフトウエア会社を起業。2005年、プログラミング言語「Perl6(現Raku)」開発。同年、トランスジェンダーであることを公表し、女性への性別移行を開始する(現在は「無性別」)。2014年、米アップルでデジタル顧問に就任、Siriなど高レベルの人工知能プロジェクトに加わる。

2016年10月より、蔡英文政権において、35歳の史上最年少で行政院(内閣)に入閣、閣僚の政務委員(デジタル担当)に登用され、部門を超えて行政や政治のデジタル化を主導する役割を担っている。

2020年、世界的な新型コロナウイルス肺炎の流行に際し、台湾は他国に先立ち迅速に対策を講じた。そのスピードと的確な手法に世界のメディアがいま、最も注目するデジタルテクノロジー界の天才

オードリー・タンのビッグデータ解析が新型コロナウイルス対策に大きく寄与し、国の対策チームの中核となっているだけでなく、AI技術を用いた感染症対策モデルを樹立した。

3、議論を進める「ソクラテス式問答法」と「クリエーティブシンキング」

唐鳳氏のような天才はどう育つのか?

父、唐光華氏は唐鳳氏が幼い頃から今日に至るまで、「私は何も知らない、だから教えてほしい」というスタンスで質問を重ね、議論を進める「ソクラテス式問答法」で接してきたという。

「人は往々にして自分が正しいと思いがちです。親は自分を“権威”に仕立てあげるべきではない。また誰に対しても自分のほうが上だと思わないことです」。つまり大人は子どもを導く立場であると同時に、子どもから学ぶ立場でもあるということ。

小学生の時から「ソクラテス式問答法」(問いを立て、それに答えるという対話に基づいて批判的思考を活性化させ、考えを明らかにする方法)で対話をされていたという逸話もある。

何の概念も植え付けず、植え付けられたことがあるとすれば、「誰からも概念を植え付けられるな」という概念でした。よく言われる「クリティカルシンキング」のことです。

批判的思考というと、人を責めることのように聞こえますがそうではありません。

一方、母は「クリエーティブシンキング」を重視していました。

考えが、たとえ個人的なものであっても、その内容を言語化し、明確に説明できれば、必ず自分と同じ考えを持った人に巡り会うことができる。そうすると、私が考えたり、説明したりしたことはすでに個人的な考えではなくなり、公共性のある考えになる。

そうすることで、同じ考えや感覚を持つ人たちが、どうすればよりよい生活を送れるかをともに考えることができる、と教えてくれましたという。

いわゆる、社会的アドボカシー(擁護、支持、唱道)に発展するということだ、と。

クリエーティブシンキングの意味は、既存の型や分類などにとらわれることなく、自分の方向性を見つけていくことです。

大学で父の唐光華氏は、毎日のようにニーチェやキルケゴール、サルトル、カミュらの著作を読みふけり、実存主義哲学に傾倒していった。「そのときに自由が私にとって最も大切なものとなりました」と。

唐光華氏は民主化運動について研究し、後にドイツで博士課程に進んだ。そこでは、中国からの多くの亡命者に出会い、彼らと自由民主主義について議論を交わした。そこに唐鳳氏を連れて行ったこともあるという。

オードリーさんは学校生活でつまずいてしまう。学校でのいじめが原因で、不登校になったのだ。

子どものすべてを受け入れたい母親は、娘に休学を勧めた。

学校に通わず、自力で知識とスキルを磨く

ほどなく父、唐光華氏は研究のためドイツへ留学する。台湾に残った妻の李雅卿氏と子どもたちだが、

家族がバラバラとなり母親1人が子どもの面倒を見る日々だったが、結果的にはこの期間に唐鳳氏は再起し、天才プログラマーへの道を歩み始めた。

4、 臨床医学ではなく、予防医学、ー合計16万項目ある「再編国語辞典」ー

座右の書、影響を受けた本は?

最も影響を受けた本があるにはあるのですが、とても推奨しにくいと。合計16万項目ある『再編国語辞典』。辞典の良いところは、自分が直接的な体験をしていなくても語意を理解できるという点だと。

仲間と一緒に『萌典』(https://www.moedict.tw/)という辞典を作る。これは台湾の文部科学省に当たる教育部が、日本語の「萌え」と「萌える」(芽生える)という意味を兼ねて作ったもの。

ここでは、紙の辞書のように時間をかけて調べるのではなく、さまざまな機能を設計し、提供することで中国語(華語)や台湾語、客家語はっかご、さらには台湾の原住民の言葉などをすべて同じインターフェースに収めて調べることができるというもの。

これにより、

自分たちの言語、文化のみで考えるというこれまでの考え方を崩し、言語、文化の枠を超えた学習環境を実現した。

多様な文化が存在していることを、まず『萌典』で知り、その事実に慣れていけば、おのずと心を広く持ち続けることができるという。

5、眠っている間も脳に作業をー読み込むだけで何も判断しないー

睡眠の質あるいは時間を重視していますが、眠っている間も脳に作業をしてもらっている。

台湾を知らない海外の人たちに、5分という短時間で新型コロナ対策の台湾モデルを明快に伝えた方法とは?

寝る前に、仕事に必要な資料をすべて読み込む。ただ、読み込むだけで何も判断しません。

頭で判断しようとすると眠れなくなってしまうからだ。と。

情報のインプットだけを行い、「明日起きたらこの問題の回答を得なければならない」と思って眠りにつく。

すると、翌朝目が覚めたら頭の中に回答ができあがっているという。

目覚めたとき、私の頭には3のキーワードが浮かび、それは「Fast(素早く)」「Fair(公平に)」「Fun(楽しく)」というもの。

結果、これらのキーワードを軸にして、いくつかの事例を挙げることで、台湾モデルと他国との違いを十分に説明することができたという。

これらの言葉がどのようにして頭に浮かんできたのかは、私にもわかりません。夢の中で何かを判断したり、アイデアを出したりするといっても、目が覚めたらその結果だけしか残っていないのです。確かに「Fast」「Fair」「Fun」というキャッチフレーズを私は作り出しましたが、夢の中でどのようにしてこの3つの「ラベル」に到達したのか、沢山のの情報量の中からどうやって抜き出したのかということについては、オードリーさん自身も説明できないという。

6、起業家が大事にすべきことー「ピボット戦略」を練ることー

16歳で起業するまでに、会社設立の方法や経営の知識を独学で学ぶ。

ほかの多くの起業家と同じように、まずは解決する価値があると思われる環境面や経済面での社会的な問題を見つけ、その問題を解決する方法がないかを細かく調べていくところから始めること。顧客からどのようなことが必要なのかを教えてもらえればよい、ともいえる。

解決すべき核となる問題が自分の興味があるものであり、それを起業の主軸とする「ピボット戦略」を練ること

これは、主軸に足を置きながら、バスケのように方向転換しながら、さまざまな方法を試し、利害関係のある人を見つけ出し、最適な解を見つけていくというもの。

私は普段から、情報に接するときには一度深呼吸をして、なぜこの情報を見たときに共有したいと思ったのか、なぜ誰かから共有されてきたのかを考えてみる。できる限り一時的な感情に影響を受けないようにする。ネット上にある、皆さんの元に流れてくる多くの情報は、一言のタイトルであろうとセンセーショナルな画像であろうと、多くの場合はある一定数の人たちの心を動かす情報です。

正確な情報を検証する方法は、それぞれの分野に異なる論理があります。興味があれば、ウィキペディアのコミュニティーを参考にしてはいかがでしょうか。なぜなら、ウィキペディアには個人の意見というものはなく、すべて2~3カ所の異なるソースの資料を確認したうえで掲載されています。

ネット上で情報をどのように確認するかを最も理解しているのはウィキペディアのコミュニティーの方たちだと思います。皆さんも自分で調べてみてください。

7、ネガティブ・フリーダムからポジティブ・フリーダムへ

「ネガティブ・フリーダム」とは、既存のルールや常識、これまでとらわれていたことから解放され、自由になること。「個人として何かから自由になること」

ネガティブは、消極的な自由であり、これが自由への第一歩。

そして「ポジティブ・フリーダム」とは、自分だけでなく他の人も解放し、

みんなが自由になるにはどうすればいいのか、具体的なToDoを考えること。

誰かのために役立てること。

自分が変えたいと思っていることを、変えられる人。

自分が自由になるだけでなく、みんながみんなを自由にするために行動を起こそうと、オードリーさんはアドバイスする。

まとめ

台湾のブロードバンドの普及「ブロードバンドは人権だ」という話をよくするのですが、それはどのような場所でもインターネットにつながるべきだということを指します。

台湾では、5G網を発展させる中で、まず「辺鄙へんぴな場所であるほど先進的に」という、とても変わった手法を採用しています。これは、現状で4Gがつながりにくい場所こそ先に5Gを取り入れていくというやり方です。

世界的なプログラマーであり、詩作にも情熱を注ぎ、よりよい社会の構築のために穏やかに行動しながら、現実にあるさまざまな境界を越え続けるという。

最後に、もし今生まれ変われるなら?

私が今過ごしている人生は、どんなに想像をしてみても自分に最も合っているものだと思います。だから、特に変わりたいと思うことはありません。

ただ、もし何か変えたいことがあるとすれば、目覚めたらすぐにそれを実行に移します。と。

記事参照

https://toyokeizai.net/articles/-/335254?page=3

https://toyokeizai.net/articles/-/363750

https://toyokeizai.net/articles/-/396805

https://toyokeizai.net/articles/-/397136?ismmark=a

https://gentosha-go.com/articles/-/31460?page=2&per_page=1

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77021?imp=0

-社会記事

執筆者:

関連記事

【逆転の発想】新聞では書けない、コロナに一度かかったほうがいいワケ

アンデス山脈 この記事では新型コロナウィルスに1度かかった方が良い理由を、2つの研究データから解説しています。 今世界を席巻している2つの研究データがあります。 1つはオーストリアのチロル地方。 2つ …

台風被災の川崎市市民ミュージアム、『少年マガジン』など4万点の収蔵品を廃棄処分。美術品の修復困難。

「週刊少年マガジン」や単行本計約3万6300点など。いずれも地下収蔵庫に置かれていた。 2019年10月12日の台風19号により、地階の収蔵庫に保管されていた約23万点の資料に大きな被害が出た川崎市市 …

名門校に学ぶ【エリート】「男子御三家」の休校の過ごし方とは?

麻布の校長先生の言葉 今私たちが1番、実行しなければいけないのは、麻布の校長先生の忠告だろう。 日本には私立中高一貫校の中で、超難関のエリート校が3つある「開成」「麻布」「武蔵」である。 ひとよんで「 …

山中湖 富士山 周辺 観光スポット【しのびの里】山梨 感想 忍者ショー 子連れ家族、カップルデート、女子旅にオススメの楽しみ方とは?忍野村 忍びの里 口コミ 料金 Ninja

「忍野(おしの)」は戦国時代、武田信玄の忍者が住んでいた土地。忍(しのび)と呼ばれる彼らの名を取って「しのびの里」とネーミングされた忍者のテーマパークです。 このようなコロナ対策が万全な施設は、今まで …

コロナ禍。継続的な移動の制限や空港での検疫、物流上の問題が原因でアートフェア「フリーズ・ロンドン」が中止に

10月8日~11日に開催を予定していた、イギリス最大級のアートフェア「フリーズ・ロンドン」が、新型コロナウイルスの影響で中止を決定いたしました。 COVID-19(新型コロナウイルス)の前代未聞の挑戦 …

サイト内記事検索

最近の7日間で良く読まれている記事

公式ホームページ

www.hidekiiinuma.com

  • 最近アップした記事
translate